KIU Kyoto International University 明日の世界を、語る人へ。

トップ教育プログラム特徴的な授業

学校風景

特徴的な授業

KIUでは専門性の高い科目や、
海外での研修を主体とした実践的な科目も開講。
学生一人ひとりの多様なニーズに応えます。

KIUの専門授業は、特に政治、ビジネス、そして数学の分野に強みを持っています。これらの授業において、海外大学レベルの質の高い講義を行うだけでなく、少人数クラスならではの対話型の学びを提供。また、専門的知識を吸収するだけに留まらず、例えば国際開発の授業では、教室を飛び出して実際に発展途上国で研修を実施。学びが「机上の空論」にならないよう、学生が自分の目で真実を確かめる機会も積極的に提供しています。

授業Pick up 「マーケティング論」

授業風景

マーケティングプランからプレゼンテーションまでを
チームで取り組み、実践的な思考力、コミュニケーション力を磨きます。

マーケティング論の授業は、「文献講読によるマーケティング概念の理解」「国内外のグローバル企業を題材にした分析・考察」「チームプロジェクトでの企画提案」の3つのパートで構成されています。特に、チームプロジェクトは、学生がグループ単位で協力し合って実施。企業が抱えるマーケティング戦略の課題分析および考察から、クリエイティブな企画の提案、そして学期末にはクラスの前でプレゼンテーションを行います。講義を聴講するだけなく、学生一人ひとりが主体的に学び、実践的なスキルを身につけます。

moodle

▶Webシステム「moodle」

学生が講義のスケジュール確認や課題提出をWeb上で行えるシステム「moodle」を導入。多くの海外大学で活用されている類似のシステムに予め慣れることができます。

授業Pick up「国際開発ガーナ研修」

授業風景

教科書に載っていない発展途上国ガーナの現状を自分の目で確かめ、「この国に何が必要なのか」リーダーの目線から考えていきます。

この授業では、ガーナにあるヒューマンファクターリーダーシップアカデミー(HFLA)を訪問し、開発問題に直面している発展途上国の現状を自分の目で確かめます。その上で、単に資金的に援助するだけでなく、現地の人々の自立を促す仕組みの開発を進めていくために、社会、経済、政治といったさまざまな視点から問題を吟味し、持続的で根本的な解決に向けて何ができるのか検討。開発問題の現場に直に向き合う体験学習を通じ、将来こうした国の発展に携わるリーダーシップを磨くことを目指します。

授業Pick up「アメリカ政治学」

授業風景

アメリカを普段馴染みのない政治の視点から見ることで、世界に最も影響のある国の本質的な課題を学んでいきます。

アメリカ政治学の授業では、アメリカ合衆国連邦政府の構成を理解し、政策決定がなされるプロセスの概要を学びます。KIUの多くの授業と同様、授業内でテキストを読み進めていく日本的な講義ではなく、学生が予習していることを前提としたディスカッションが中心。学生は、単にアメリカの政治の仕組みや事実を知識として知るだけでなく、「なぜ」そのようなシステムになっているのか? といった、より根本的な内容について考え議論することで、本質を追究する姿勢を身につけます。

授業Pick up 「微積分学・解析幾何学」

授業風景

「正解」の求め方以上に、数学的知識を物理学、工学、社会科学など、さまざまな分野に応用していくチカラを育むことを目指します。

この授業では、関数、グラフ、極限、導関数、微分法、指数関数、積分法などの基本的な自然科学の微分と積分を理解することを第一義としています。しかし、数学的な知識を吸収することは「目的」ではなく「手段」に過ぎません。微積分を学ぶ真の目的は、その理論を物理学、生物学、化学、工学、社会科学、経済学など、さまざまな分野に応用し、より専門的な学びに役立てること。この授業を通じて、学生たちは思考を整理し、物事を順序立てて計画的に推し進めていく力を身につけていきます。

Back To Top