KIU Kyoto International University 明日の世界を、語る人へ。

トップKIUについて教育理念

学校風景

教育理念

KIUの掲げる目標は、欧米式のリベラルアーツ教育を通じて、一人ひとりの学生を、自国および世界の知識と良識を兼ね備えた真の国際人へと育むことです。また、二ヵ国語を巧みに操りつつ、自らの専門分野に秀で、一個人としても、家族を構成する一員としても、有意義な人生を送り社会に積極的に貢献できる人材を育成します。


日本人としての自覚を養い、真の国際人を目指す

国際化が進む今、多くの人が諸外国について学び、海外留学を試みています。しかし、外国語や海外の文化を深く吸収するためには、まず第一に、自国の言語や文化に対する正しい知識と国際社会に出て恥じることのない教養を備えることが重要です。それこそ真の国際人としての一歩を踏み出すのに不可欠な要素なのです。KIUでは、日本人としてのアイデンティティをしっかり確立し、世界と自分の言葉で話すことのできる人材の育成を目指しています。

少人数制の対話型教育で、一人ひとりの考えるチカラを育む

多くの大学に見られる問題の一つは、教養科目の授業が「大教室・大人数」で行われ、聴講するだけの受動的な行為となってしまっている点です。その結果、学んだ知識を「考える」ことに結びつけられない学生が増えています。KIUでは学生が物事を正しく理解し、理論的に考え、自分の意見を自分の言葉で相手に伝える「訓練の場」として授業を位置付け、一人ひとりが何事も自発的に自分の頭で考える習慣を定着させます。

キリスト教理念に基づき、自他共に尊重できる人をつくる

KIUは、キリスト教理念に基づき、聖書の普遍的な価値観を土台とした教育を行っています。一人ひとりの学生が、自分自身の存在の尊さ・価値に気づき、目まぐるしく変動する社会において、意味のある確かな人生を見つけることができるよう育成。自他の尊厳を自覚し、他者のために共に働くことを通して、社会に積極的に関わることのできる人材を養成することを目指しています。

留学生との豊富な交流を通し、自然に国際感覚を培う

国際的な視野を身につけるためには、英語を学ぶだけでなく、国際的な環境に身を置くことが重要です。普段から留学生と接する機会がない限り、日本にいながらそのような環境で学ぶことは難しいでしょう。しかし、KIUでは英語ネイティブの講師による講義を実施しているほか、日本人学生と留学生が同じ教室で学ぶ、海外大学さながらの教育環境が整っています。毎日のキャンパスライフの中で、学生たちが異文化交流を体験し、自然に国際感覚を身につけ、視野を広げることを目指しています。